ミネラルウォーターとの違い

ミネラルウォーターとハワイウォーターの違い

ミネラルウォーターは、マグネシウム、カルシウム、ナトリウムなどのミネラル成分を含んでいます。
ミネラルウォーターには、「硬水」「軟水」と2つに分けることができます。ちなみに日本の水道水は平均100位の硬度です。静岡県の水道平均は約50位の硬度です。

ハワイウォーターは、特定水源より採水したお水です。

非加熱殺菌です。そのため、水本来のおいしさをそのまま保っています。逆浸透膜により分子レベルまで純度を高め「超軟水」に仕上げております。

ミネラルウォーターとハワイウォーターの比較
特長殺菌方法は色々あり、水源より採取した水でナトリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類を含んだ水をボトル詰め各種ミネラルの入った水。ハワイの地下200mの水源から純度を高め、非加熱殺菌された水。
分子が小さいため体内吸収率も高く内臓に負担をかけにくい。
性質各ブランドによりさまざま、硬水の中には独特の味や香りのあるものもある。超軟水なので、飲み水はもちろん料理にも使え幅広い利用が出来る。
赤ちゃんには?ミネラルを含むので、注意が必要。ミネラル分、不純物を含まない為、安心して与えられる
お料理には?ミネラル分は調理において食材の邪魔をする場合がある。軟水なので料理には良く合う。更にミネラルがないため、料理に使用する素材本来の味を引き出す事ができる。
硬度・PHは?硬水硬度 0~1500以上
酸性、中性、アルカリ性、様々な種類がある
超軟水 (硬度 1.05) 
中性
©  メネフネウォータージャパン All Rights Reserved.
PAGE TOP